にーはお!fumiです!

 

今回は、大注目の中国ドラマをご紹介!

名前は、如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~」です!

画像元
https://www.wowow.co.jp/

 

実質、あの「宮廷の諍い女」の続編ということもあり、

待ちに待った日本での放送となるのです!

 

要チェック!

 

 

如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~のあらすじは?

画像元
https://okmusic.jp/

 

さっそくあらすじからいきましょうか!

 

時代は、清王朝雍正帝(チャン・フォンイー)の治政下。

第4皇子の弘暦(ウォレス・フォ)は、自らの妻を選ぶ「福晋選び」で、正室である嫡福晋に幼なじみの青桜(ジョウ・シュン)を選ぼうとしていました。

同じころ、第3皇子の弘時が謀反の疑いで皇籍をはく奪されます。

その母である、皇后も同時に罰則され、その姪の青桜も弘暦の妻になる権利をはく奪されそうになります。

が、弘暦の嘆願により、青桜は無事に側室として輿入れ。

 

その六年後、ついに雍正帝が崩御。

即位したのは、弘暦。乾隆帝となります。

青桜は如懿と名を改め苦難を乗り越え、皇后の地位まで上り詰めるのです。

そう、如懿伝がここに始まるのです!!

 

きましたきました!

このドロドロの予感!

 

舞台は清朝中期、宮廷の諍い女は、雍正帝の取り巻く環境がメインという側面もありましたが、

今回は、その子供である乾隆帝の取り巻く環境がメインです。

宮廷の諍い女では、乾隆帝の即位でお話が終わりましたからね・・・

原題は?全何話!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

美しい……。⠀ ⠀ #如意伝 #如懿伝 #中国ドラマ #ドラマ⠀ ⠀

mmk(@mmk_svtv176)がシェアした投稿 –


原題を調査!

 

原題は如懿傳でした。

如懿は主人公の名前、傳は日本の漢字でいうと、伝になるので、

如懿の一生を丁寧に描いた作品という意味ですね。

 

ちなみに、話数は全部で87話

かなりの長丁場です!

最近は話数も減っているドラマが多い中で、力の入れようがわかります。

ドラマの世界にどっぷり浸かりましょう!

 

 

如懿伝と如意伝どちらが正しいの!?

 

また、少し気になったのが、にょいでんの漢字表記です。

にょいと聞くと、如意棒のような、如意と考えてしまいますが・・・!?

 

これは、上記の原題を見てもわかる通り、如懿が正しいです。

なぜなら、主役の名前が、 烏拉那拉如懿(ウラナラにょい)というからで、

彼女の伝記という形を成しているので、如懿伝になるんですね。

 

ちなみに、如意は、中国語でいうと動詞として存在していて、

意の通りに、思い通りにという意味になります。

「西遊記」で孫悟空の使う如意棒は、思い通りのままになる棒ということですね。

 

余談でした笑

 

キャスト(出演者)は?

 

キャストを紹介!

画像元
https://pluginout.wordpress.com/

 

継皇后役:周迅

 

これまた、THEアジアンビューティーという顔立ちの美人女優です。

周さんは歌手でもあり、これまではどちらかというと、

映画の出演が多い女優さんでした。

1974年生まれの今年44歳!全く見えない・・・

 

詳細はこちらからどうぞ!

 

画像元
http://lovegelatoni.blog.fc2.com/

 

乾隆帝役:霍建華

 

台湾が誇る、スーパーイケメンの登場です!

当サイトのイケメンランキングでも常連さんです。

 

詳細はこちらからどうぞ!

 

画像元
https://www.cosmopolitan.com/

 

愉貴妃役:張鈞甯

 

これまた透き通るような美人です。

張さんは台湾の女優さんで、大学時代はドイツで過ごしている帰国子女。

容姿端麗で美人女優で頭もいい。すごいです・・・

 

詳細はこちらからどうぞ!

 

 

相関図は?

「如懿伝 相関図」の画像検索結果

画像元
https://kandera.jp/

 

こちらが相関図!

人物もたくさんでますからね~

要チェックです。

 

 

最終回(87話)ネタバレ!最後はどうなる?

 

最終回のネタバレについて!

 

まず、主人公の如懿は実在しているようです。

 

その内容を中国語のサイトで読んでみると・・・かなりの波乱万丈な人生を送っているんですね。

結末に関しては・・・

 

かなり過酷な展開が待っています。

ぜひ、ご自分の目で確かめてほしいです!

 

まとめ

 

ということで、如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~についてでした!

 

まさに期待の作品!

面白そうすぎてやばいです・・・

それでは!

 

こちらの記事もどうぞ!