にーはお!fumiです!

 

本日は今週から始まる日本初放送の中国ドラマを取り上げます!

その名も・・・「酔麗花~エターナル・ラブ~」です!

画像元
http://kandera.jp/

 

中国では昨年放送され、大人気でした。

作家、十四夜による同名小説を原作とした中国ドラマになるんですねー

 

一体どんなドラマなのでしょうか?

調査してみましたよ!

 

 

酔麗花~エターナル・ラブ~のあらすじは?

 

まず酔麗花が一瞬読めませんが、「すいれいか」と読むようですね。

サブタイトルのエターナルラブのほうがキャッチーな印象ですが・・・

 

まずはあらすじからみてみましょう!

画像元
https://www.crank-in.net/

 

皇位継承争いが本格化してきた魏。

皇帝は、優秀で行動力のある、第四皇子元凌(げんりょう)に脅威を感じます。

疎ましく思った皇帝は、元凌を抹殺することを決めます。

兄弟たちに捕らえられそうになった、元凌は崖まで逃げそこで谷底へ落ちてしまいます。

そこは、一般人が入ることのできない場所で、代々皇族を守ってきた巫族(ぶぞく)が住む場所でした。

偶然、元凌を助けた巫女(みこ)は卿塵(けいじん)

そこで二人は運命的な出会いをするのでした・・・

 

演出を手がけるのは、「宮廷女官 若曦(ジャクギ)」「シンデレラはオンライン中!」「花千骨」でもおなじみのリン・ユーフェンさんです。

運命の恋に翻弄される男女を華麗に描きます。

その特殊効果や幻想的な演出は高評価で同時間帯視聴率1位を記録! さらにネット視聴累計再生数は100億回超えを達成しました。

 

これは、面白そうですよねーそのドラマの内容とともに雰囲気も楽しみたいところです!

 

 

原題は何?!

 

原題については毎回話題になります。

原題を調べたところ、「醉玲珑 lost love in times」ということが判明!

このドラマは北米でも放送されましたから、英語名はlost love in timesなんですね。

 

前述の同名原作小説は、「醉玲珑」というタイトルでした。

ここで気になるのは、醉玲珑の意味。

その意味はなんなのでしょうか?

 

醉はそのまま酔うという意味。

玲珑は直訳するとアクセサリーなどが精巧であり、よくできているという意味になります。

 

つまり、ようほどによくできている

というふうに訳せるわけです。

 

酔麗花というタイトルもなかなかいい訳ですよね。

花が邦題には入っていますが、雰囲気は出てるかと思われます。

 

 

キャストは?

 

そしてキャストの情報も!

画像元
http://japanese.china.org.cn/

 

卿塵(けいじん)役:リウ・シーシー(劉詩詩)

 

運命に抗い愛に生きる聖巫女(せいみこ)を熱演したリウさん。

そのルックスが儚い世界観にぴったりですよねー

今や中国4大女優といわれており、まさにこのドラマで人気を不動のものにした印象です。

ところで、他の3人の女優さんも気になりますね笑

 

詳細はこちらかどうぞ!

 

画像元
https://lihkg.com/

 

元凌(げんりょう)役:ウィリアム・チャン(陳偉霆)

 

そして相手役の男性には香港出身の歌手ウィリアムさん。

その甘いルックスで大人気の俳優さんでもあります。

今回リウさんと共演ははじめてですが、その幻想的な世界観にぴったりですよねー

個人的には非常に香港人だなぁーという顔立ちをしています笑

 

詳細はこちらからどうぞ!

 

画像元
https://zhuanlan.zhihu.com/

 

桃殀役:韓雪

 

これはまたとんでもない中国美人・・・

まさにこのドラマにぴったりの幻想的な美女の登場です。

江蘇省の蘇州出身でいくつものドラマや映画に出演している演技派女優です。

 

 

ネタバレも!

 

そして、恒例のネタバレタイム

 

日本初放送ということもあり、その情報は少ないのですが・・・

中国のサイトを覗いてみると?

(ネタバレが嫌な方は飛ばしてね)

 

 

死別という文字が見えました・・・

え?最後は悲劇的に終わるのでしょうか??

これは・・・

 

それにしても驚いたのは中国ネット民の主演の二人に対する高評価。

そして、とくにウィリアムさんの演技力への賞賛の声。

違う作品でまた共演してほしいというコメントだらけでしたねー

 

まとめ

 

ということで、中国ドラマ「酔麗花~エターナル・ラブ~」でした。

 

そのうっとりするような映像美は絶対にチェックしたいところ!

歴史ファンタジードラマは見ていて飽きないですよね~

 

DVD購入はこちらから!

それでは!

 

こちらの記事もどうぞ!