にーはお!fumiです!

 

今回は中国ドラマの主題歌について調査!

そのドラマとは・・・「明蘭~才媛の春~」ですね!

画像元
https://hualiu.yapy.jp/

 

今月日本初放送されるドラマ。

 

期待度はかなり高いです。

当サイトとしても恒例のテーマ曲調査をしっかりやらねばなりません!笑

 

 

明蘭~才媛の春~のあらすじをおさらい!

 

盛家の娘・主人公の明蘭は母親の身分が低かったことから、父親から愛情を得られず、盛家の正妻や姉妹たちにも虐げられて育ちました。

亡き母の教えを守り、自分の才気を隠したまま、耐え忍び生きてきた明蘭は、

やがて美しく成長します。

 

そんな明蘭の人生を変えたのは、子供の頃に知り合った寧遠候府の御曹司・顧廷燁

彼に見初められ、女主人としてその才能を発揮していきます。

 

主人公の明蘭が貧しい身分から成りあがるストーリー!

 

中国版おしんともいえるその内容はかなり本国でも話題になりました。

そんな成り上がりストーリーと可憐な映像美が見ものの大作となっているんですね!

 

主題歌やテーマ曲は?

画像元
https://bluebird-story.com/

 

それでは、さっそく主題歌をチェックしましょう!

一体どんな曲なのか!?

 

郁可唯/胡夏 《知否知否》

 

「知否?知否?応是緑肥紅痩」というのが今作の原題でしたので、

この作品のために作られた曲ということがいえそうですね。

 

ちなみに原題の由来もここに記しておきますね!

まずはこの作品のタイトルですが、宋代で「千古にして第一の才女」といわれる女流詞人・李清照の作「如夢令・昨夜雨疏風驟」の中の一句「知否知否応是緑肥紅痩」からとったものです。「知否」とは「ご存じか」という疑問形、「応是」とは「~であるべき」の意で、問題の「緑肥紅痩」とは、緑は生い茂る緑葉のことで、紅は花を指しています。つまり、この一句で「時はすでに緑葉が生い茂、花が散る春の時節に至っていることをご存知ですか」という意味になります。概念的にはドラマの内容とあまり関係ないように思いますが、恐らく作者は「人間界の揉め事や争い事にかかわりなく、時はいつものようにたんたんと流れて行く」ことを表現したかったのではないでしょうか。

引用元
http://yagibamu.seesaa.net/

 

情景が思い浮かぶような美しい曲ですが、

最近の中国ドラマの主題歌にはギターソロが入るものが多いような気が。

中国式のバラードとエレキギターのソロがトレンドなのかもしれません。

 

 

歌手は誰?

 

デュエットなので、歌手は二人ですね!

画像元
https://www.weibo.com/

 

郁可唯さんが女性の方で、

1983年生まれの湖南省出身。

元々はバーで歌うシンガーだったようです。

その実力が認められデビューしました。

 

一方、胡夏さんが男性のほうで、

1990年生まれの広西チワン族自治区出身。

お父さんの姓が胡で、お母さんの姓が夏だったため、

胡夏という名前になったという変わった感じ。

台湾の超有名ドラマ、超級星光大道に出場し、そこからデビューを飾るんですね。

 

各々のソロの歌も聞いてみたいところです!

 

 

挿入歌もチェック!

 

挿入歌も聞いてみましょう!

 

如梦令 许艺娜

 

当歌  叶炫清

 

どちらの曲もかなりレベルが高い・・・!

いい曲ですよね~

 

中国の歌は気持ちよければどこまでものばしてもいい!

というようなバラードがやはり最高ですね。

 

また途中でなっている楽器なんかも気になてしまいます。

中国の琴でしょうか・・・いい音色ですね。

 

まとめ

 

ということで、明蘭~才媛の春~で流れる曲を調査しました!

 

テーマ曲より挿入歌が個人的にはいい感じでしたね~

これでしっかり予習しましょう笑

それでは!

 

こちらの記事もどうぞ!