親愛なる君主様のあらすじやキャストは?!相関図やネタバレも!

 

にーはお!華劇回廊編集部です!

今回は「親愛なる君主様」を取り上げます!

画像元
https://lujuba.cc/

 

王宮に迷い込んだヒロインとツンデレ君主の胸キュンなラブロマンス時代劇!ヒロインを巡ってイケメン男性が繰り広げる甘くキュートな恋愛模様が描かれます!

本作は、水の中で交わすハプニング・キスから始まり、様々なシチュエーションでのキスシーンが満載。SNS上での関連トピック閲覧数は44億回を超えて、ドラマランキング1位に輝きました!

 

 

親愛なる君主様のあらすじは?

画像元
https://www.ruten.com.tw/

 

巫族の米七七(べいしつしつ)は、師姉の三生花(さんせいか)の謀反の中、族長の不思議な力により大郢(だいえい)国・義祁王の側室・丑清璃(ちゅうせいり)の体に送り込まれました。顔に大きな痣と左肩に傷跡がある自分に夢かと思い、水をかぶった姿を屋敷の人々に見られて幽霊と騒がれた米七七を司天監の落九塵(らくきゅう人)が救出。濡れた衣服の着替えを浣衣局で物色している時に義祁王・呂敖(りょごう)と出会います。

大郢国の義祁王府には正妻・凌千思(りょうせんし)と多数の側室の他に義母の高(こう)太后が暮らしています。高太后との仲は良好とは言えない上に、凌千思との夫婦仲や自分の寵愛を奪い合う側室達にうんざりしている呂敖。
丑清璃は大郢国鎮北侯・醜虎に溺愛されている養女で、生まれつき額に大きな痣があり知恵遅れ。側室になった義祁王府で凌千思や他の側室から嫌がらせを受ける存在でした。

呂敖は、蟲毒に侵されていて(16年前、呂敖が北蒼の人質だった時に、北蒼の王子・羯(けつ)から狼の蟲毒を飲まされたことが原因)満月の夜、狼に変身した姿を目撃した丑清璃の肩を傷付け、鳳栖湖で溺死させてしまいました。呂敖は、染汐苑の丑清璃に医者を送るように総管の小印子(しょういんし)へ命じ、丑清璃の行動を監視するように魏洵(ぎじゅん)に指示します。

 

自分が占領した体の主が、数日前の満月の夜、鳳栖湖で溺れ死んだ側室・丑清璃だと侍女の連翹(れんぎょう)から聞いた米七七。医者から丑清璃の痣と傷がきれいに無くなり、健康体で知能も他の人と変わらないと報告を受けた呂敖は驚くも、以前の記憶が消えているようで安堵します。未だ、呂敖を義祁王と知らない米七七と彼との仲は、木から落ちる、受け止める、放り出されるの定番の展開で進んでいきます。

丑清璃が夜伽を命じられますが、夜伽の慣習を断固拒否した米七七。呂敖のその気を萎えらせるように顔に菊の花やヒゲを描いて、龍涎殿に向かう途中で見覚えがある青年と出会います。鳳栖湖で丑清璃の体に入り込んだ米七七は、水中で近づいてくる青年の姿をはっきりと覚えていました。人違いだと否定する青年は、高太后の息子で呂敖の弟の稷王・呂澈(りょうてつ)でした。

 

動物と会話が出来る丑清璃(米七七)は、寝台にいた呂敖の狼を手懐けます。浣衣局の服泥棒が義祁王だと判り、夜伽を回避しようと大胆な行動にでる丑清璃。その時、首にかけている血玉石が呂敖に反応することに気付きます。先代の聖女を探す手がかりを探るため、呂敖に近づく手段の一部始終が胸キュンシーンも含めて面白く描かれ、起こること全てが二人の距離を気づかない内に縮めています。

眉目秀麗で優しい呂澈との出会いに胸がときめく丑清璃は厄除け(実は恋愛成就)の手作りの人形を送ります。無邪気で親し気に話す丑清璃に恋心が芽生える呂澈。米七七と呂敖、呂澈が繰り広げる恋愛模様と3人を取り巻く人々の争いに巻き込まれて物語が展開していきます・・・!

 

 

原題は?全何話?

 

親愛なる君主様 の原題は、親愛的義祁君です!

全36話ですね。

そんなに長くもなくさくっと楽しめる作品となっています。

 

キャスト(出演者)は?

 

画像元
https://3g.163.com/

 

米七七/丑清璃役:フー・イーシュエン(胡意旋)

 

フー・イーシュエンさんは、中国でヒットしたウェブドラマ「我在大理寺当寵物(原題)」の主演で一躍有名になった若手女優。「天機十二宮~陰謀と2つの愛~」「太陽と月の秘密~離人心上~」「贺先生的恋恋不忘(原題)」と続けて主演に抜擢されています。

本作では、キュートなイメージそのままの男性3人を魅了するの米七七(丑清璃)役を演じています!

 

詳細はこちらからどうぞ!

関連記事

[ad] にーはお!華劇回廊編集部です!中国にも美人女優はたくさんいますが、その中でも「癒し系」と言えば胡意旋さん!画像元http://image.uc.cn/ […]

 

画像元
https://mydramalist.com/

 

義祁王・呂敖役:チャン・スーファン(張思帆)

 

チャンさんは、注目作「両世歓~ふたつの魂、一途な想い~」などで話題を集めるネクストブレイク俳優です。

本作では、ツンデレな君主がヒロインに惹かれていき、徐々に甘い表情を見せる呂敖や狼男の呂敖を熱演しました。

 

画像元
https://www.imdb.com/

 

稷王・呂澈役:リー・ゴーヤン(李歌洋)

 

リー・ゴーヤンさんは、アイドルグループ「fresh極客少年団」のメンバー。

「待って、私の青春」「原来时光都记得(原題)」など、爽やかな風貌そのままの青春ドラマに出演しています。

本作では優しい好青年が、まさかの闇落ち・・・!許されぬ恋に翻弄される役を熱演しました。

 

画像元
https://girlschannel.net/

 

巫即役:フー・ウェンザー(胡文喆)

 

フー・ウェンザーさんは、「大唐見聞録 皇国への使者」に出演。「大约是爱(原題)」「皮囊之下(原題)」など、現代劇にも多数出演しています。

本作では、米七七を助けるクールでイケメンの師兄役。積極的に好きだとアピールする羚に最終的には惹かれる奥手な巫即役を演じました。

 

 

相関図は?

 

相関図はこちらです!

最終回やネタバレも!

画像元
https://www.163.com/

 

丑清璃(米七七)は呂敖に拘わったことで井戸に突き落とされたり、顔に大きな火傷を負わされ、毒で危篤状態の窮地に…。後宮の争いにも巻き込まれ、高太妃の誕生日の祝宴を仕切っていた丑清璃が飲み物に異物を混入した疑いで、牢屋に入れられます。ただ一人、丑清璃の潔白を知っている呂澈は事件に高太妃が拘っていると知らされ苦しみ、心の中で丑清璃に謝罪します。

牢に入れられた丑清璃は酷い扱いを受け殺されそうになりますが、呂敖によって救われます。口から出る言葉と行動が合っていないが、危険が迫ると助けてくれる呂敖に惹かれていきます。

 

呂敖と丑清璃が良い雰囲気の仲で進行中に、今度は蟲毒で呂敖を殺害しようとした罪に陥れられ、拷問を受ける丑清璃。凌千思は丑清璃の処刑を進言しますが、呂敖は呂澈に意見を求めます。丑清璃の父の醜虎の功績を考慮して、義祁王府の西院の軟禁を提案。

西院で丑清璃が過ごす屋根と床しかない部屋。監督官の女性たちから酷使されて、殴られ、蹴られなどの暴力を受けていた丑清璃を救ったのは、呂澈でした。あなたは呂敖じゃないと、西院から連れ出そうとする呂澈の手を離す丑清璃。そんな呂澈に世の女性の憧れる高貴な身分のあなたが何をしているか、分かっているのと高太妃から頬を叩かれます。

西院で知り合った尹妃の侍女だった趙姑姑米から、二十年前、先代の義祁王と大恋愛の末に呂敖を産んだ尹妃は後宮争いに敗れ、西院に閉じ込められた尹妃はまだ幼い呂敖まで、北蒼に人質として送られ、悲嘆の末に死亡。

呂敖に残した遺品の何も書かれていない布が血玉で鄔力が放たれると、文字が浮かび上がる鄔鏃の文字で「血玉と飲血剣を得た者は、世界を得る」と瀾嶼の署名に尹妃が聖女の瀾嶼だったと判明。しかし、このことは放たれた鄔力で、鄔鏃族長で米七七に嫉妬心を持つ三生花が知ることになります。

証拠の布を呂敖に渡そうと西院を抜け出し龍涎殿に…。米七七が西院へ送られる原因となった蟲毒の事件は、呂敖の自作自演。しかも、米七七が信頼を寄せる阿衡は呂澈の密偵で蟲虫を米七七の寝台に隠したのは、彼女でした。丑清璃の失意の気持ちは中々癒える事はなく、染汐苑に戻った後も呂敖を拒み続けます。

 

北蒼の羯の妹・羚(れい)は、巫即(ぶしょく)と出会い一目惚れ。また、凌千思が羯の想い人だったことから三生花が絡んできます。義祁王府で血玉と飲血剣の秘密を知る瀾嶼を探し出そうと、凌千思の体に入り込んだ三生花。丑清璃を陥れようとした結果、呂敖と丑清璃のくちづけ場面を見せられますが、丑清璃が鄔力を失った米七七だと確信します。

 

画像元
https://www.viki.com/

 

呂敖に良縁祈願で連れて行かれた仏教寺院・慈寿寺から一人で帰る途中、輿に剣を隠していた担ぎ手の男たちに襲われます。そのとき、丑清璃を助けたのは米七七の師兄で鄔鏃の大司祭・巫即。三生花が義祁に来ているので、気を付けろと言い残します。

良縁に効くと聞いて慈寿寺に行った羚は、偶然見かけた巫即のあとを追いかけます。呂敖を知っていると言う羚から米七七の秘密を守るために行動範囲を規制する同心鈴という腕輪をはめられる羚。

大けがをした阿衡は、丑清璃にこれだけは伝えておかなければと語り始めます。米七七が西院に幽閉された経緯や何度も人目を忍んで様子を見に行き、何日も心ここにあらずだった君上。米七七が西院から出たあとは、阿衡の任務が米七七の護衛に変わったことなど、本当に、本当に君上は娘娘のことが好きなんです…。

 

三日後の夜は満月、狼毒の発作が起こる日。呂澈と左総督の娘・左玉環の結婚式に呂敖が式に参列すると聞いた羯は、凌千思の手引で北蒼兵を率いて王府に入りますが、魏洵と衛兵に龍涎殿への侵入を阻止されます。

式が終わり、夜が更けても呂澈は左玉環の待つ寝室に来ず、婚礼衣装に身を包んだ左玉環の手の甲にぽたりと涙が….。凌千思と護衛兵を連れた高太妃が龍涎殿へ、寝台の上では呂敖は丑清璃に覆いかぶさって口づけの最中です。狼毒の発作を起こした呂敖を抹殺すれば、いまごろ呂澈が義祁王と悔しがる高太妃。追われて城内に潜んだ羯は凌千思に助けられ、彼女への想いが強くなります。

 

黒鄔術を使う三生花と戦いで、巫即は危ういところを羚に救われます。黒鄔術で負った怪我に必要な薬材を擦り傷を作りながら集めた羚を愛おしく思う巫即。
宴に姿を見せ、王座に座った呂敖(三生花)の隣に座った丑清璃に「師妹、鄔力はどこへ消えたの?」「三生花…!?」肩に置いた手から黒鄔力を発します。叫び声を上げた米七七は髪や肌が真っ白に、唇は黒く変色して瞳は燃えるように赤く変貌します。兵士に囲まれた米七七を助けに来たのは、狼毒が入った粥を食べてしまい狼男となった呂敖。

背中を斬られて倒れた米七七を抱きかかえた呂敖を大広間の前で待ち構えていた凌家軍が取り囲みます。現れた羯の剣が米七七をかばった呂敖の胸元を貫きますが、呂敖の鋭い爪に倒れる羯。血をぬぐってくれた凌千思(三生花)を抱きしめた羯を短剣で背中、腹と刺して殺します。呂敖の遺体を奪われそうになった時に米七七の絶叫!刹那に二人の姿が消え去ります。

 

画像元
https://korea.kaigai-drama-board.com/

 

式典が始まり儀式用の豪華な衣装を身にまとった呂澈が王座へ進み、座ろうとした呂澈の冠が魏洵が投げた暗器によって弾き飛ばされます。呂敖に向かって偽物!死んだはず!と声を荒げる高太妃や動揺する重臣たちに、米七七が現れ伝説となっている血隠村が実在していて、末裔の米七七の血で呂敖の狼毒を解毒できたと話します。

呂澈を庇った左玉環が死に、自分の胸に剣を突き立てた呂澈の膝元に丑清璃からもらった人形が落ちます。震える手で拾い上げ、走馬灯のように蘇る思い出は、楽しいこともあったが胸が締め付けられる想いの方が多かった…。人形を落として息絶えます。

米七七と三生花の戦いが始まり、鄔鏃の女性が抱えていた琴に隠していた飲血剣に黒鄔力を注入する三生花。増強した黒鄔力を「飲血剣を得た者が、天下を統べる」と助けに入った呂敖に放った時、米七七が飛びかかり「飲血剣の力がそんなに欲しいのなら、すべて受け入れるといいわ」と剣の柄を握り、力を逆流させます。黒い霞となって空中に散った三生花。

 

息子の呂澈を亡くした高太妃は気が触れてしまい善澤殿で禁足。凌万山と左総督の両名は造反の罪を問われ、皇帝より一族郎党斬首の命が下ります。

複数いる妃を離縁して、妻を丑清璃(米七七)ひとりと決めた呂敖の婚礼の宴は、二人を支えてくれた人々が集まり、酒を酌み交わす幸せムードいっぱい!寝室からは呂敖と丑清璃の幸せそうな声!北蒼の王になった羚も巫即との結婚を夢見て、物語の終結です・・・

 

まとめ

 

ということで、親愛なる君主様についてでした!

 

母の愛を知らず過酷な運命を背負っていた呂敖と母の愛に恵まれて育った呂澈がヒロインを巡って甘く切ない恋愛模様!

前半の細かい物語の展開が、終盤になって問題解決シーン続き、驚くほどあっさりと主役の勝利で集結します。呂敖と丑清璃(米七七)のさまざまなシチュエーションで繰り出されるキスシーンも注目の作品ですよ!

 

親愛なる君主様はU-NEXTで配信中!

公式サイト

 

DVDはこちらからどうぞ!

 

それでは!

 

こちらの記事もどうぞ!

関連記事

 にーはお!華劇回廊編集部です!今回取り上げるのは、現在飛ぶ鳥を落とす勢いの動画配信サービス、U-NEXT(ユーネクスト)について! その中でも、当サイトのテーマである、中国ドラマ[…]

 

▼華流ドラマ鑑賞の合間にどうぞ!おすすめのお菓子です!▲2021年版新発売!

 

 

------------------------ 広告枠名:華劇回廊_SP_INT_300x250 ------------------------