十年三月三十日(中国ドラマ)のあらすじやキャストは?相関図や感想も!

 

にーはお!華劇回廊編集部です!

 

今回は、中国ドラマを紹介!十年三月三十日です!

画像元
https://datv.jp/

 

ショーン・ドゥさんとグーリー・ナーザーさん主演!

長い年月を経てめぐりあう6人の男女の愛と夢を探していくラブロマンスになります。一体どんなストーリーなのか、さっそくチェックしましょう!

 

 

十年三月三十日(中国ドラマ)のあらすじは!?

画像元
https://www.cinemacafe.net/

 

靳燃(ジン・ラン/ショーン・ドウ)袁莱(ユエン・ライ/グーリー・ナーザー)趙承志(チャオ・チョンジー/シュー・ジェンシー)、徐辛頤(シュー・シンイ―/オウ・ズワン)、丁昂(ディン・アン/ジン・ザーハオ)は大学からの同級生。

靳燃、袁莱は大学生の頃付き合い、靳燃が日本に留学したのを機に、とある誤解から別れることに。

5年後、袁莱の便りを聞いた靳燃は、想いを残したままでいる彼女とよりを戻すべく、日本での地位やお金を捨て、袁莱の働く旅行会社のCOOとして上海に戻り、誤解を解きながら袁莱をもう一度振り向かせようと奮闘します。

一方、承志は同じ弁護士事務所に入ってきた新米弁護士、沈双双(シェン・シュアンシュアン/セシリア・ボーイ)と仲良くなり、丁昂は学生時代から片想いしてきた徐辛頤と両想いになるのですが…。

 

これは・・・なんだか既視感がありません?

そう、原作は名作柴門ふみさんの「あすなろ白書」なんです!台湾でもリメイクされていましたよね。

 

上海や深圳などの今をトキメク中国の大都会だけではなく、日本の山形や宮城などもロケ地になっているということなんですね。

それにしてもすごいのはやはりその出演陣か。

 

 

全何話?

 

話数は全39話となっています。

かなり長いですね・・・日本のあすなろ白書は十話ちょっとですから。

それほど物語に入り込めるということです。

 

キャスト(出演者)は?

 

画像元
https://www.pinterest.jp/

 

靳燃役:ショーン・ドウ

 

「海上牧雲記 ~3つの予言と王朝の謎」」「楚喬伝(そきょうでん)~いばらに咲く花~」などに出演しているカナダ生まれの俳優さん。

少し洗練された雰囲気があるのはそのためでしょう。

 

詳細はこちらからどうぞ!

関連記事

[ad] にーはお!華劇回廊編集部です! 今回は、今まで取り上げていなかった、俳優を紹介!名前は・・・ショーン・ドウ(竇驍)さんです!画像元https://ww[…]

 

画像元
http://china8.blog82.fc2.com/

 

袁莱役:グーリーナーザー

 

当サイトでも昔から注目している美人女優。

ウイグル族という少し違った背景があります。

 

詳細はこちらからどうぞ!

関連記事

[ad] にーはお!華劇回廊編集部です! 当サイトで取り上げた中国ドラマ「擇天記」(たくてんき)が大人気!画像元https://chi.gogoblog.tw/[…]

 

 

画像元
http://www.mfqqx.com/

 

趙承志役:シュー・ジェンシー

 

今年新星のごとく現れた、ワイルドイケメン俳優!

日本のファンがどっと増えましたね~いわゆるキムタクの役です。

 

詳細はこちらからどうぞ!

関連記事

[ad] にーはお!華劇回廊編集部です! 今回は中国の俳優さんについて!シュー・ジェンシー(徐正溪)を取り上げましょう!画像元https://baike.bai[…]

 

 

相関図は!?

 

相関図をチェック!

画像元
https://culture-pub.jp/

 

うーん、あすなろな感じ・・・この六人の関係性が注目です。

 

 

感想をチェック!

 

続いて、感想を見てみましょうか。

 

 

 

 

最終回やネタバレは?!

 

以下ネタバレ!気を付けてください!

 

大学に戻ったクラスメイトたちが、かつての教室に入ってきます。靳燃が最後に前に出ると拍手が湧き上がります。靳燃が今回の講演者で、タイトルは「夢の力」です。彼はかつての自分が出世こそが自分の価値だと思い、そのために日本にまで行って奮闘をし、実現するまでを話します。

しかし、5年という時間を浪費してしまったことに気付き、出世はしたもののある人が隣に欠けているということを残念に感じていたと言います。画面上に袁莱の写真が映ります。その人は袁莱だったのです。皆が騒ぎ出します。靳燃が袁莱に告白するシーンは、かつて靳燃が勇敢にも袁莱に授業中に告白をした時と同じように、講堂で行われます。靳燃が袁莱に話をします。もし本当に彼女を失ってしまったのだとしたら、自分は将来訪れるであろう、つまらなく長い余生を前にどうすれば良いのだろうか。皆が歓声の中、袁莱が幸せそうに靳燃に歩み寄り、靳燃は片膝をついて袁莱にプロポーズをします。祝福の声が飛び交う中、袁莱は靳燃からのプロポーズを受け入れ、指輪を付けて二人で幸せそうにキスをします。

承志、双双、靳燃と袁莱が一緒に食事をしながら4人の大学時代の話をする時、念念と丁昂について話をします。過去は近いようで永遠にも似た遠さがあります。4人は友情に乾杯をします。

袁莱は過去に靳燃と一緒に訪れた当時の日本の山形県の大雪と彼らは全く同じで、しかし袁莱はどうして一人なのだろうかと思います。袁莱がピンク色の電車の乗ると同時に靳燃の手に鮮やかな花が現れます。靳燃が袁莱にまだピンク色の列車の意味を覚えているかと尋ねます。袁莱は靳燃が何故当時教えてくれなかったのかと問います。靳燃は二人が同じピンクの列車に2回乗ると一生相思相愛になり、これがまさに夫婦だけでなく、小さな恋人達もみんな興奮する原因なのだと説明します。今日は二人の結婚1周年の記念日です。靳燃は袁莱に一生離れることなく大事にして守っていくと告白し、結婚1周年の指輪を贈り、二人は幸せそうに抱き合います。

 

まとめ

 

ということで、十年三月三十日についてでした!

 

日本の「あすなろ白書」のリメイクということで、これはさらに気になります。

あすなろ抱きはあるのか・・・?俺じゃダメか?はあるのか!ん~トレンディ!

確かめましょう笑

 

それでは!